健康キレイナビ ホーム > 打撲 > 打撲の対処法


打撲の対処法

打撲したときは、捻挫の処置と同様に、損傷部位やその周辺を冷やし、安静を保つことが大切です。
また、打撲した部位によっては、目に見えないからだの器官が損傷を受けている可能性もあるため、注意が必要です。

応急処置を行う

軽度の打撲の場合、応急処置をしっかり行うことで、症状の悪化を防ぐことができます。また、適切な処置が回復を早めることにもつながるため、打撲の応急処置方法の手順を「RICE」で覚えておきましょう。
また、痛みがひどい場合は骨折している可能性があります。腫れがひどい、長引くといった場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

打撲の応急処置方法「RICE(ライス)」

RICE療法

R (=REST):安静にする

患部を動かさないよう、安静にして休みます。足には松葉杖、腕には三角巾を使うなどして、体重をかけないよう注意しましょう。

I (=ICE):冷却する

炎症を抑えて痛みを取ります。患部を中心に広めの範囲で氷のうやバケツに入れた氷水などで冷やしましょう。しびれて感覚がなくなったらいったんやめ、また冷やす、という処置をくり返してください。1回あたり15〜20分が目安です。冷却は応急処置だけでなく、帰宅後も続けてください。

C (= COMPRESSION):圧迫する

内出血や腫れを防ぐために、患部を圧迫します。スポンジや弾力包帯、テーピングなどで患部を固定して、圧迫してください。

E (= ELEVATION):患部を高い位置に保つ

患部を心臓より高い位置に保って、内出血や腫れを防ぎます。

打撲した部位ごとの留意点

打撲した部位によっては、目に見えない体内の器官が損傷を受けている可能性もあるため、注意が必要です。とくに、頭部や胸腹部を打撲した場合、脳や肺、肝臓などの重要臓器を損傷していることがあります。手足の軽い打撲以外は、念のため医師の診察を受けるようにしてください。

打撲した部位ごとの留意点は、次の通りになります。

手と足

皮膚が青紫色に変色している場合は、皮下出血を起こしています。痛みがひどい場合は、骨折している可能性もあります。打撲による腫れがひどく、痛みがはげしい場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

胸と腹

打撲直後は元気でも、しばらくたってから容体が急変することがあります。軽傷と思っていても、内臓を損傷している可能性もあるため、からだに異変を感じたら、すぐに医師の診療を受けてください。

頭部の打撲には注意が必要です。目、鼻、口、耳などから一筋でも出血があれば重症です。意識がはっきりしない、おう吐やけいれんがあるといった場合は、頭蓋骨が骨折している可能性もあります。
呼吸が止まっている場合は、すみやかに人工呼吸を行ってください。

打撲