健康キレイナビ ホーム > 乾燥肌・敏感肌 > 入浴後の急激な乾燥


入浴後の急激な乾燥

「生活の中で乾燥が気になるタイミング」について、20〜50代の女性1,000名にアンケート調査を行ったところ、「入浴後」と答えた人が半数近くにのぼりました。

たった今、うるおったはずなのに、入浴後の肌はなぜ乾燥してしまうのでしょうか? それには、入浴時の2つの大きなリスクが関係しています。

入浴後の肌の状態

右のグラフを見てわかるように、入浴後、浴室から出ると、肌は一気に乾燥し始めます。

そして、入浴後20〜30分で、入浴前よりも肌が乾いた「過乾燥」状態になります。

入浴時の2つのリスク

入浴前の健康な肌では、角質細胞がレンガのように層状に重なった角層に、 肌本来のうるおい成分が含まれており、肌内部にある水分が一定に保たれています。

洗うリスク

からだを洗うとき、タオルやボディブラシなどによる摩擦や刺激で角層の表面が傷つくと、肌のバリア機能が破壊され、うるおい成分が溶け出して、水分が蒸散しやすい状態になります。これが1つめの「洗うリスク」です。

浸かるリスク

お湯に浸かると、角層は水分を含んで膨張し、うるおい成分が溶け出しやすい状態になってしまいます。これにより、肌の水分がますます蒸散しやすくなります。これが2つめの「浸かるリスク」です。

入浴後の過乾燥を防ぐには、からだをやさしく洗うことと、入浴後、しっかり保湿を行うことが大切です。

乾燥肌・敏感肌