健康キレイナビ ホーム > かかとの角質 > かかとの角質について


かかとの角質について

かかとの角質は、日々の歩行や運動、肌の再生力の衰え、疲れ・ストレスなどが原因で、厚く(硬く)なり(肥厚)、乾燥し、かさつくことがあります。これをかかとの角化といいます。
かかとの皮膚が割れて痛いといったひどい症状の場合は、皮膚科などで医師の診察を受けて、適切な処置をとる必要があります。

かかとの角質層のしくみ

かかとの角質層(角層)は、皮膚のもっとも外側にあり、「角質細胞」と「細胞間脂質(セラミド)」からなっています。
角質細胞には、天然保湿因子(NMF)が含まれており、細胞間脂質(セラミド)とともに、肌のうるおいを保つのに大きな役割を果たしています。

正常な角質層は、角質細胞の層が15〜20層の状態で、0.02〜0.03mmが理想的な薄さです。この状態を維持すれば、保湿因子や細胞間脂質(セラミド)が満たされやすく、角質層内を理想の水分量に保つことができます。また、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)がスムーズに行われ、 キメの整ったうるおいのある健康的な肌になります。

かかとの角質の肥厚(角化)、カサつきの症状

カサついたかかとは、うるおいのあるかかとと比べると、かなり分厚く、肌表面が荒れています。これを、「角質肥厚(かくしつひこう)」の状態といいます。

角質肥厚の状態になると、角質層内に存在する天然保湿因子やセラミドが不足するため、肌表面が乾燥して、肌あれが起こります。その結果、肌本来のバリア機能も低下して、肌の生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)も乱れてしまいます。

異常な角質層

かかとのケアをしても症状が改善しない場合は、角化症や水虫が発生している可能性もあります。角化症や水虫、その他の皮膚病が疑われる場合は、専門医に相談してみましょう。

かかとの角質の肥厚(角化)、カサつきの原因

かかとのカサつきの原因としては、次のようなものがあります。

原因1 肌の再生力の衰え

加齢やストレス、紫外線などが原因で肌の再生力が衰えてくると、角質がはがれ落ちる機能が低下します。その結果、古くなった角質が厚く蓄積され、かかとのカサつきが起こります。

原因2 疲れやストレス

疲れやストレスがたまると、体調リズムを整える体内ホルモンのバランスが乱れます。その結果、肌の新陳代謝やバリア機能が低下して、かかとが分厚くなる「角質肥厚」の状態になります。

原因3 乾燥

肌の乾燥は、角質肥厚の原因になります。とくに、冬場などの空気が乾燥する時期は、かかとのカサつきが起こりやすくなります。

かかとの角質