健康キレイナビ ホーム > 腰痛 > アロマテラピーによる腰痛予防


アロマテラピーによる腰痛予防

アロマテラピーは、各国で補完医療・緩和ケアとして認知されているセラピーです。本来であれば、きちんと教育を受けた有資格者によって施術されるべきものですが、ここでは、自宅で簡単に試せるセルフケアの方法をいくつかご紹介します。

アロマテラピー(Aromatherapy)とは

アロマテラピーは、植物から有効成分を抽出した天然100%の精油(エッセンシャルオイル)を使って行う芳香療法です。

からだや心の状態に応じて精油を選び、芳香成分をかいだり、からだに塗ってマッサージすることで成分を体内に取り入れて、心身の健康を維持することを目的としています。

アロマテラピーを行うための注意点

(※)アロマテラピーを行う前に必ずお読みください。

腰痛に効果的なアロマテラピー

腰痛を緩和するレモンユーカリ、ペパーミント、バジルスイート

レモンユーカリ

レモンユーカリは、名前が示すとおり、レモンに似た香りがするユーカリ。肩こりや筋肉の痛みに効果的な鎮痛作用があり、精神的には心を落ち着かせリラックスさせます。

ペパーミント

ペパーミントは、メンソールの爽やかな香りが特徴です。鎮痛や消炎などの作用があります。患部に清涼感を与え、痛みの軽減を助けるので、痛みの緩和に効果的です。

バジルスイート

バジルスイートは、少し甘みのあるスパイシーな香りです。精神的な疲れをいやし、感覚を鋭敏にして集中力を高める働きがあるとされています。ストレスで起こる痛みや筋肉のけいれんを防ぐ効果があります。

使用方法は、レモンユーカリ2滴とペパーミント2滴、バジルスイート2滴をブレンドし、シアバター15gに混ぜて、腰の痛い箇所に1日数回塗ります。塗った後にマッサージするとさらに効果的です。ただし、レモンユーカリとバジルスイートは刺激が強すぎるので、乳幼児や妊婦、お年寄りには使用しないでください。

シアバター

シアバターは、アフリカのサバンナに生えるシアの木の実から採る植物性の脂肪分です。シアバターは局所的に血行を促進するともいわれ、細胞への酸素供給を増加させ、老廃物の代謝を促進します。また、クリーム状であり、他のオイル類に比べてさっぱりしています。