健康キレイナビ ホーム > のどの痛み > のどの痛みについて


のどの痛みについて

のどの痛みが起こる原因は、かぜやインフルエンザなどの細菌やウイルスによって炎症を起こしている場合と、のどを酷使したことによって炎症を起こしている場合の2種類が考えられます。どちらも炎症ですが、炎症を起こす箇所や炎症の種類が異なるため、それぞれに合った対処が必要です。

のどの痛みの原因

細菌やウイルス

空気中には、目には見えない細菌やウイルスがただよっています。そして、のどにある、細菌やウイルスを攻撃して排除するリンパ組織の集合体「扁桃」では、つねに細菌やウイルスを捕まえては殺すという戦いが繰り広げられています。そのため、いつも小さな炎症が起きているのですが、そのほとんどは、免疫の力によって自覚症状もないまま自然に治ります。

しかし、免疫力が低下していたり、強い細菌やウイルスが侵入すると、自己治癒力では炎症を抑えることができないため、炎症がひどくなり、扁桃やリンパ節が赤く腫れてきて、のどの痛みが起こります。
かぜをひくと、のどがイガイガします。これは、のどのうち鼻の奥から食道の入り口までにあたる咽頭(いんとう)や扁桃(へんとう)に、細菌やウイルスが感染して増殖を始めたサインです。

のどの酷使

大声を出したり、長時間しゃべり続けたり、カラオケで歌い続けるなど、のどの酷使が痛みの原因となります。また、タバコの吸いすぎやお酒の飲みすぎも、のどに負担を与えます。

のどの痛みの症状

細菌やウイルスによるのどの痛みの症状としては、 「急性扁桃炎(きゅうせいへんとうえん)」 「急性咽頭炎(きゅうせいいんとうえん)」があり、のどの酷使によるのどの痛みとしては、「喉頭炎(こうとうえん) 」「急性声帯炎」「急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)」などがあります。

細菌やウイルスによるのどの痛み

急性扁桃炎

急性扁桃炎は、おもに扁桃に炎症が生じます。初期段階は、口蓋扁桃(こうがいへんとう)が赤くなって腫れる程度ですが、症状が進むと扁桃が真っ赤になり腫れて肥大化するとともに、扁桃のくぼみに白い斑点状に膿がたまります。さらに症状が悪化すると、膿が扁桃をおおい、白苔が生えたように見えます。

急性扁桃炎は、のどの痛み以外に、悪寒をともなう高熱や食欲不振、全身倦怠感、頭痛、関節痛などが初期段階から起こるのが特徴です。

急性咽頭炎

急性咽頭炎は、器官の入り口部分にあたる咽頭に炎症が生じます。急性咽頭炎になると、「咽頭後壁」という口を開けたときに見えるのどの突き当たりが炎症を起こして赤くなります。この段階では、のどに異物や乾燥を感じる程度で、痛みはさほどありません。

しかし、症状が悪化すると、炎症を起こした部分に赤い粒状の発疹ができ、さらには、「口蓋扁桃」のすぐ内側にある「咽頭側索(いんとうそくさく)」という部分が腫れたり、白い膿がついたりします。この状態になると、のどに強い痛みを感じ、物を飲み込むときに痛みをともないます。

【急性喉頭炎の進行段階】

急性咽頭炎や急性扁桃炎が治りきらずに慢性化すると、「慢性咽頭炎」や「慢性扁桃炎」になります。急性と比べて症状は軽く、日常生活に支障をきたすことはまれですが、かぜ、ストレス、疲労、睡眠不足、喫煙、気温の変化などにより免疫力が低下すると、急激に悪化し、急性と同じような重い症状になります。

さらに症状が重くなると、細菌やウイルスがリンパ節にまで入りこんで炎症を起こす「頸部リンパ節炎」や、口蓋扁桃の炎症が周囲の組織にまで広がり「扁桃周囲炎」や「扁桃周囲膿瘍」になることもあります。たかがかぜによるのどの痛みと軽く考えず、痛みが長引く場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

のどの酷使によるのどの痛み

喉頭炎

声は気管の入口にある声帯(声門部)を使って出しています。この声帯を中心とした上下3〜4cmの器官のことを喉頭(こうとう)と呼び、この部分に炎症ができた状態を「喉頭炎(こうとうえん)」といいます。

急性喉頭蓋炎

喉頭炎でも、声帯より上にある喉頭蓋(こうとうがい)に炎症が起こる「急性喉頭蓋炎」を発症した場合は、注意が必要です。腫れた喉頭蓋が何かのはずみで喉頭にはまり、気道をふさいで窒息することがあるのでとても危険です。

急性喉頭蓋炎は、急性声帯炎のような声がれがほとんどないのに、高熱、のどの痛み、飲み込むときの痛みがあるのが特徴です。風邪でもないのに、こうした症状がある場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

急性声帯炎

カラオケやスポーツ観戦などで大声を出したあとに起こるのどの痛みは、声帯部分が炎症を起こしたためで、「急性声帯炎」と呼ばれています。

急性声帯炎は、タバコの吸いすぎやお酒の飲みすぎなどで声帯に負担をかけた場合にも発症します。他にも、汚れた空気を吸ったり、かぜなどのウイルスに感染したことでも発症します。さらに、かぜぎみのときにタバコを吸った、お酒を飲みながらカラオケで歌ったなど原因が複数になると、発症する可能性はより高くなります。

のどの痛み