健康キレイナビ ホーム > 汗のニオイ > 汗のしくみと働き


汗のしくみと働き

汗のおもな働きは、体温の調節です。人は、体温をほぼ一定に保つように、汗をかいて熱を逃がしています。この発汗の種類を「温熱性発汗」といいますが、その他、緊張したときに汗が分泌される「精神性発汗」や、辛いものを食べたときに汗が分泌される「味覚性発汗」などがあります。

汗の成分は、99%が水分で、残りは塩分やタンパク質、乳酸などになります。

汗の出るしくみ

皮膚には汗の出る「汗腺」があり、汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類あります。

エクリン腺は、生まれたときから、ほぼ全身にあります。
一方、アポクリン腺は、思春期になると、ワキや外陰部などの特定の部位に発達します。通常“汗をかいた”と感じるときは、エクリン腺から出る汗のことを指しています。

【エクリン腺とアポクリン腺の特徴】

  エクリン腺 アポクリン腺
分布部位 全身にあり、とくに手のひらや足の裏に多い。皮膚の表面に汗を出す ワキの下、乳首、陰部付近など特定部位。毛穴に汗を出す
活性時期 ほぼ一生 思春期から壮年期後半
機能
  • 発汗による体温調節
  • 腎臓機能の補助
  • 皮膚の乾燥防止
  • 性的アピール
汗の特徴
  • 透明な液体で、おもな成分は水
  • 尿に似た成分をわずかに含む
  • 無菌状態では無臭だが、細菌に分解されるとにおう
  • 蛍光を発するにごった液体で、おもな成分は水
  • たんぱく質、脂質などを含む
  • 特有のニオイがある。ニオイが強い場合を「ワキガ」という
発汗に影響する因子
  • 気温
  • 緊張など大脳への刺激
  • 辛い物を食べる
  • 性的興奮
  • 一度分泌したアポクリン腺は以後24時間は活動しない

発汗の種類と働き

汗をかく状況によって、汗の種類は異なります。発汗の種類とその働きは、次のようになります。

温熱性発汗

気温の上昇する時期や運動時、食事時など、体温の上昇を防ぐために、全身に分布しているエクリン腺から汗が分泌されることを「温熱性発汗」といいます。人は汗をかくことで、体温を調節しています。

精神性発汗

会議やテストで緊張したり、ドキドキしたときに汗が分泌されることを「精神性発汗」といいます。いわゆる“冷や汗”で、手のひらや足の裏、ワキの下、額などに局部的にかく汗です。汗腺は交感神経に支配されているため、緊張により交感神経が刺激されて発汗します。

味覚性発汗

辛いものを食べたときに、発汗神経が刺激を受けて汗が分泌されることを「味覚性発汗」といいます。額や鼻などに局部的にかく汗です。

良い汗と悪い汗?

現代人は、運動不足や冷暖房設備の普及などにより、汗をかく機会が減っています。汗をかく機会が減ると、汗腺の機能が低下して、「汗をかけなくなる」という悪循環に陥ります。

汗腺には、血液中に含まれるミネラル分をろ過するという働きがありますが、この機能が低下すると、ミネラル分の多いベトベトした“悪い汗”をかくようになります。

ミネラル分の多い汗は蒸発しにくく、体温調節がうまく行われません。また、アンモニアなどのニオイ成分を含むため、ニオイが発生します。さらに、アンモニアは皮膚表面をアルカリ化する作用があり、これが雑菌の繁殖を促して、汗のニオイはますます強くなります。

  • “良い汗”は、水に近いサラサラの状態の汗です。蒸発しやすく、弱酸性であるため、皮膚の常在菌の繁殖も抑えます。また、無色・無臭・無菌であるため、ニオイもありません。
  • “悪い汗”は、からだに必要なミネラル分を血液から奪うため、慢性疲労や熱中症の原因にもなります。良い汗をかくためには、日頃から汗をかく習慣を身につけることが大切です。

汗のニオイ